1. TOP
  2. (87)この name をどう訳しますか?

(87)この name をどう訳しますか?

文法力(語順の観察力)を磨いて、
あなたの表現力や読解力の
刺激になるように、
 
 
今日のメールセミナーでは、
こちらの英文の「文構造」と「意味」を
考えてみましょう。
 
 
Everyone she named as a witness denied being there.
 
 
文構造もですが、
特にポイントになるのは
named の訳し方(どう日本語にするのか)
だと思います。
 
 
あなたが考える機会を大切にしたいので、
少し時間を取りますね。
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
ここでは name という言葉が
動詞(しかも他動詞)として
使われています。
 
 
Everyone she named as a witness denied being there.
 
 
「知識」に軸足を置いて
学習している人であれば、
「name に動詞があるなんて知らなかった!」
という感想を持つかもしれませんが、
 
 
「思考」に軸足を置いて
学習している人であれば、
「name に動詞があるかは知らないけど、
この name は他動詞だと考えるしかない」
という判断に至るかもしれません。
 
 
もちろん、学習においては
知識も思考も行動も大切です。
 
 
さて、named が他動詞だとすれば
目的語Oが必要なわけですが、
 
 
named の後ろには目的語Oがなく、
as a witness(目撃者として)という
前置詞句しかありません。

 
 
Everyone she named as a witness denied being there.
 
 
他動詞(named)を使っているのに
目的語Oが後ろになければ……
 
 
そう、「関係代名詞の目的格」が
省略されている
と考えられます。
 
 
Everyone (that/whom) she named as a witness denied being there.
 
 
ということで、
named が他動詞ではないかと
目論んだことをキッカケにして、
文全体の構造が見えてきました。
 
 
Everyone:主語S
(that/whom) she named as a witness:修飾語M(関係詞節)
denied:動詞V(他動詞)
being there:目的語O(動名詞)
 
 
後はこうした文構造を手がかりに
いったん直訳をしてみると、
 
 
「彼女が目撃者として named した人は皆、
そこにいたことを否定した」
 
 
という感じになります。
 
 
そして最後に、
他動詞 named の意味ですが、
仮に「(人)に名前をつける」という
意味を知っていたとしても、
それを当てはめるようでは、
意味の繋がりを無視しすぎです。
 
 
「彼女が目撃者として名付けた人(?)」
 
 
これでは意味が繋がらないですよね。
 
 
ここでは、
「(人)の名前を挙げる」くらいが
適切ではないでしょうか?
 
 
Everyone (that/whom) she named as a witness denied being there.
彼女が目撃者として名前を挙げた人は皆、そこにいたことを否定した。
 
 
どうしても私たちは、
自分が知っている単語の意味を
英文に当てはめたくなりがちです。
 
 
ただ、そうした機械的な反応ばかりだと、
「それで意味が繋がるのか?」を
考え忘れてしまうものです。
 
 
言葉の意味は辞書や単語帳ではなく
文脈(どんな流れの中にその言葉があるのか)
によって決まるものなので、
 
 
「文構造」と「文脈」の両方を
観察する
ようにしていきましょう。
 
 
そうすれば、英文法の知識が
表現力や読解力に繋がる
生きた知識となるでしょう。
 
 
それでは、またメールします。
 
 

\ SNSでシェアしよう! /

株式会社EIボックスの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

株式会社EIボックスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!